前へ
次へ

営業を支えるSFAの基礎知識

各企業が売上の維持に頭を悩ませる中、SFAというソリューションが提示されました。
営業を支援するシステムであり、使いこなすことができれば大きな戦力アップが望めるのも事実ですが、導入しても効果が現れないという声がないわけではありません。
もちろん、使うだけで業績が上がるようなものではないため、SFAの基礎知識を学ぶ必要があります。
業績を上げる手法はいくつかありますが、顧客数を増やす、単価を上げるといった手法のほかにコストを削減するという施策があり、そこにおいてSFAの存在意義があります。
営業部門のマネジメントを強化し、部門内の売上と利益のリアルタイムな予実管理と、営業活動や営業プロセスを常に管理することを支援するツールがSFAです。
近年営業の見える化の重要性が叫ばれていますが、まさに見えにくかった部分を見えるようにすることがこのツールの真骨頂と言えるでしょう。
そしてもちろん、実際に見るのはマネージャーであり経営陣ですから、そこで正しいジャッジを下して初めて業績アップにシステムが貢献できると言えます。

Page Top